I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
PLOでモリモリ
バンクロール管理をオマハで気にしていたら、ずっと0.01/0.02でrakeを払い続けることになるだけなので、適度にリスクを取って増やしています。

おかげさまで上に大きく振れてくれたみたいで50→200到達しました。
グラフは今年に入っての0.02/0.05PLO。実際はタブレットの収支が見えてこないのですが、モリモリ右肩上がりでした。
VPIPは18台。参加するよりも参加したら勝てるかを考えながらのプレイが多い。

Pokerstrategyの戦略にもある、ターンでのセカンドバレルの感覚がつかめてきたのも大きい。
今年


これまでは色々なランダウンをプレイしたり、ミドルペアを取り入れたりしていたけど、勝つときは小さく、負けるときはデットでペイオフするダメダメハンドであることに気がついてから、小さく負けて大きく勝つサイクルが確立できたような気がします。

いつまでも、上に振れてくれるといいのですが、しばらくはこのままで突き進んでみたいと思います。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2015/07/21 09:43] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
オマハって....
オマハって、こんなに簡単だっけ。っていうくらいにモリモリ増えた。
最近、PLOのキャンペーンでもやったのだろうか。
超絶変なアグレプレーヤーが増えた。

ここ数日実行していること。

プレイは22時以降
PLOzoom
とにかくハンドを重視する
ポジションがよくてもマージナルハンドは捨てる
ポジションがあれば、CBはほぼ打つ
リバーでバリューを取るように心がける


昇龍拳ばりの右肩上がりはいつまで続くか。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2015/02/27 01:30] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
40000ハンドから分析してみる。その3(最終編)
キャッシュゲームの基本戦略は…

1.獲れるところから獲る
2.余裕のあるバンクロールで破産しないようにする
3.引けない日、引かれる日が必ずあるので、休憩を入れてクールダウンする
4.時間を分析して、勝ちやすい時間、そうじゃない時間を把握する
5.強い人のプレイを観察する(理想はホールカードも見える)

ほとんどの方は2が原因で実力がよくわからないことになるので、バンクロールに不安があるならばホールデムでグラインドしながら、PLOはおためしと割り切ってプレイするのもいい勉強になります。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2014/07/26 01:10] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
40000ハンドから分析してみる。その2(アウトポジション編)
先にアクションをしなければならないスモールブラインドやビッグブラインドでの戦略はズバリ

無駄な抵抗はやめて大人しくしていること

ポットリミットオマハにおいては無理なブラインドディフェンスは収支を悪化させるだけです。
ではどんなときに参加できるか。

1.マルチウェイが濃厚
2.ブラインドヘッズ(BB)
3.ランダウン
4.AAbcで4-bet以上(ポストフロップもしっかり打つ前提)

勝つためにはショーダウンで勝っている必要があるのがポジションのないときの条件なので、ブラフは無理です。
パッシブ相手にはフロップ、ターンと打ち込めばFOLDしてくれる場合もあるがCALLされた時点で厳しいです。

しっかりハンドを作ってショーダウンを目指すことになります。

SB、BBの支出を減らすことを意識してプレイしてみましょう。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2014/07/25 01:00] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
40000ハンドから分析してみる。その1(インポジション編)
ポジション別
グラフはZOOMの0.02PLOのポジション別のグラフ。

ポジションの優位性
色々な人がポジションの優位性を言っているが、データからもそれは現れている。
インポジション(アクションがあとになり易いカットオフCOやボタンBTN)ではベットして降ろす機会が稼ぎ頭になる傾向が強い。これは普通に体感できると思うので説明は割愛するが、参加率を増やすことでさらに利益をなんて考えるのは危険です。
マイクロレートにおいてはフロップ以降の戦いは比較的シンプルです。
ハンドを持った上でないと不要な衝突に巻き込まれてしまいます。
ですので、私は参加率を20%代に抑えています。
よくセットオーバーセットとかバッドビート食らったみたいなのありますが、ミドルポケットなんてゴミみたいなもんです。
ミドルペアのダブルペアなんて即FOLDします。

大きなポット

大きくポットを取れるのは...
1.アンダーセットがいるとき
2.アンダーストレートがいるとき
3.AAbcが降りられないプレーヤーに対してツーペアを作ったとき
4.ペアボードでペア以上のポケットでフルハウスができたとき
5.フラッシュボードでコッチはナッツフラッシュなのにベットしまくってこられたとき

バリューベット
相手のCallをしっかり引き出す。

リバーで相手がチェックしてきたらときにしっかり考える。
リバーカードが開かれ状況が確定します。
このとき、自分は勝っているのか、負けているのか判断する必要があります。
これまでのストリートでのアクションを振り返りよく考えます。

つまり...
ショーダウンできるのか
降ろさないと勝てないのか
相手は降りるか降りないか
レイズが来る可能性はあるか
これらを考えます。

収支改善には収入を増やすことが一番ですから、勝っていそうならCALLしてもらえる額をベットする必要があります。これが難しい。ポットの3割ぐらいならまぁCALLしてもらえるでしょう。
ハーフや75%BetしてもCALLしてもらえる状況を見極められるとあら不思議負けないようになります。
(正確には負ける以上に勝てる)

伸び悩んでいる人はお試しあれ。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2014/07/24 01:45] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
6カードオマハ戦略
フルティルトで今一番熱いのが6カードオマハポーカーです。
0.01/0.02からテーブルが稼働しています。

◼︎ルール概要
基本はオマハと同じ手持ちから2枚を使うこと、手持ちが6枚配られるのが特徴。
よって、6人までしかゲームができない。9人だとカードが足りない。

◼︎スターティングハンド
オマハに準じた考え方でいい。スートでいうと2つあるのがいい、どちらもナッツフラッシュになるような。
ペアはハイペア(+TT)を考え、それ以下はクワッズに発展しない限りないものと思った方がいい。なぜならより強いフルハウスにチップを全てあげることになるから。
ランダウンは56789T以上、最低でも4つ続きは必要。

◼︎ポジション
インポジションが必須。アクションがとても楽。

◼︎キモはTurn
ターンでのアクションが最も重要。というのもターンで勝っていれば、どんなにアウツを相手に持たれていても40%。
ターンで状況を考えて勝っているなら大きくベット(レイズ)すべきです。インポジションならチェックはまずないです。

◼︎やってはいけないこと
・ナッツドローがない。
オマハはナッツゲームです。セカンドナッツフラッシュドローや弱いストレートドローはリバーのアクションに対してあまりにも無力です。フルハウスも例外なく、ナッツじゃないフルハウスは上にフルハウスがいると思っていいです。

・クワッズvsクワッズに降りる
結構起こるのですが、基本避けられないでしょう。フルハウス持ちもいるだろうし、リバーでペアができた時は慎重になる必要があります。


テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2014/03/05 21:30] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
2アウツ引かれると萎える
Poker Stars, $0.01/$0.02 No Limit Omaha Cash, 6 Players
Poker Tools Powered By Holdem Manager - The Ultimate Poker Software Suite.

BTN: $1.95 (97.5 bb)
Hero (SB): $12.91 (645.5 bb)
BB: $1.19 (59.5 bb)
UTG: $2.26 (113 bb)
MP: $1.02 (51 bb)
CO: $2 (100 bb)

Preflop: Hero is SB with J of spades J of hearts K of clubs 3 of spades
UTG folds, MP calls $0.02, CO folds, BTN raises to $0.09, Hero calls $0.08, BB calls $0.07, MP calls $0.07

Flop: ($0.36) 5 of clubs 5 of spades J of diamonds (4 players)
Hero bets $0.26, BB calls $0.26, 2 folds

Turn: ($0.88) Q of diamonds (2 players)

Hero bets $0.46, BB raises to $0.84 and is all-in, Hero calls $0.38
River: ($2.56) 5 of hearts (2 players, 1 is all-in)

Results: $2.56 pot ($0.08 rake)
Final Board: 5 of clubs 5 of spades J of diamonds Q of diamonds 5 of hearts
Hero showed J of spades J of hearts K of clubs 3 of spades and lost (-$1.19 net)
BB showed K of spades 5 of diamonds K of hearts T of hearts and won $2.48 ($1.29 net)




11月はなかなかの滑り出しです。
0.01/0.02PLOzoomは極めた感があります。
極めたところでBR増加は微増なわけですがハンド予測というかなかなかいい感覚が身についてきているように思います。ただし、このレートに限った話なんでしょうけども。

年末に向けてこのレートでzoomを打ち続けてマイクロレートzoomの攻略記事をまとめてみようと思います。
25000ハンドで11bb/100は自分で言うのもなんだが上出来だと思っています。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2013/11/08 10:01] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
本日のドデカポット
フィッシュプレイを振り返ります。

Poker Stars, $0.01/$0.02 No Limit Omaha Cash, 6 Players
Poker Tools Powered By Holdem Manager - The Ultimate Poker Software Suite.

BTN: $0.48 (24 bb)
SB: $1.13 (56.5 bb)
BB: $3.13 (156.5 bb)
UTG: $2.04 (102 bb)
MP: $5.44 (272 bb)
Hero (CO): $4.07 (203.5 bb)

Preflop: Hero is CO with 7 of hearts J of clubs 7 of clubs A of hearts
テーブルは100BB越えが私の他に3人。
一つAのDS、ボードマッチすれば化けるマージナルハンド

UTG raises to $0.06, MP raises to $0.20, Hero calls $0.20, BTN calls $0.20, SB folds, BB calls $0.18, UTG raises to $1.21, MP calls $1.01, Hero calls $1.01, BTN calls $0.28, BB calls $1.01
UTGがPUSHしてきました。彼はコミットしているので、ボードが滑れば降りることも考える。

Flop: ($5.33) J of spades K of clubs 2 of clubs (5 players)
BB bets $1.92 and is all-in, UTG calls $0.83 and is all-in, MP raises to $4.23 and is all-in, Hero calls $2.86 and is all-in
Jが当たってフラッシュドローで多少絡んだので全部入れることにした。

Turn: ($13.80) 4 of diamonds (5 players, 4 are all-in)
River: ($13.80) 9 of clubs (5 players, 4 are all-in)
Results: $13.80 pot ($0.30 rake)
Final Board: J of spades K of clubs 2 of clubs 4 of diamonds 9 of clubs

BTN showed 8 of hearts 2 of spades 8 of clubs Q of clubs and won $2.33 ($1.85 net)
BB mucked 5 of diamonds 4 of clubs 6 of clubs 6 of diamonds and lost (-$3.13 net)
UTG mucked Q of spades 7 of spades A of spades A of diamonds and lost (-$2.04 net)
MP showed 2 of diamonds 6 of hearts K of diamonds K of hearts and lost (-$4.07 net)
Hero showed 7 of hearts J of clubs 7 of clubs A of hearts and won $11.17 ($7.10 net)

幸いBTNのショートがメインポットで大きいサイドポットを取った形だ。
プリフロップではAA持ちとKK持ちで25%ずつ、他は10%程度

フロップでボタンをのぞいた勝率はAA持ち13%、自分29%、KK持ち54%
結果フラッシュ引けたが、ナッツフラッシュをビッグスタックに持たれていたら死亡の諸刃の剣。
AスーツがないDSはゴミなのでこういうプレイはしないほうがいい。JcがKcならまだしも。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2013/10/17 22:55] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
今日のomaha
序盤引きまくられてそれでも、なんとか耐えていたが、ちょっと集中を切らして下降気味に。

余計なテーブルをしめて、zoom3面で集中してプレイしたらなんとか戻せた。

ビッグスタック同士でのポストフロップはどのレートであれ、痺れます。

20131012today.jpg

今日のレビュー
Poker Stars, $0.01/$0.02 No Limit Omaha Cash, 6 Players
Poker Tools Powered By Holdem Manager - The Ultimate Poker Software Suite.
Hero (BTN): $2.17 (108.5 bb)
SB: $9.71 (485.5 bb)
BB: $1.55 (77.5 bb)
UTG: $3.81 (190.5 bb)
MP: $1.50 (75 bb)
CO: $3.73 (186.5 bb)
続きを読む

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2013/10/13 00:22] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
今日のビッグポット
久しぶりにハンドレビュー。
Poker770, $0.05/$0.10 Pot Limit Omaha Cash, 6 Players
Poker Tools Powered By Holdem Manager - The Ultimate Poker Software Suite.

CO: $15.45 (154.5 bb)
Hero (BTN): $10.83 (108.3 bb)
SB: $6.88 (68.8 bb)
BB: $22.72 (227.2 bb)
UTG: $20.11 (201.1 bb)
MP: $4.91 (49.1 bb)

Preflop: Hero is BTN with 3 of hearts Q of clubs K of clubs K of hearts
2 folds, CO raises to $0.30, Hero calls $0.30, SB calls $0.25, BB calls $0.20
それほど3-betが飛び交うこともなく、マイルドなテーブル。
ただ、ポストフロップはアグレッシブでベットをしっかりするプレーヤーばかりのためタイトにハンドは絞る。
自分はKKxxDSはあまり信用していないので、3-betせずフロップを見ることにした。


Flop: ($1.20) T of diamonds K of spades 6 of spades (4 players)
SB checks, BB checks, CO bets $0.70, Hero calls $0.70, SB calls $0.70, BB calls $0.70
ポットを大きくしたくなかったこととレイズしても2人以上にcallされる気がしたのでcallを選択。

Turn: ($4) 3 of clubs (4 players)
SB checks, BB checks, CO checks, Hero bets $3, SB folds, BB calls $3, CO folds
ラグであろうからしっかり打つことにした。ここで終わっても全然OK。一人call

River: ($10) Q of diamonds (2 players)
BB checks, Hero bets $6.40, BB calls $6.40
打ってこなかったのでほぼ勝っているだろう。ここまで相手は強さを見せてこなかったので大したハンドは持っていないだろうし2ペアくらいできているかと思いベットすることにした。
負けているのはストレートだけでAT,9Tを持たれていたら仕方ない。


Results: $22.80 pot ($1.52 rake)

Final Board: T of diamonds K of spades 6 of spades 3 of clubs Q of diamonds


続きを読む

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2013/10/06 15:33] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
9月のzoom
201309re.jpg

スタートで不運に見舞われるも淡々とプレイを重ね、気がつけばプラスで終了した9月でした。
モバイルでの負けなどあり、BRは減っているので気分はあまりよろしくないですが10月も細々プレイしていつかするであろうビッグプライズorデポジットに備えたいと思います。

ポーカーストラテジーの記事を読んだり、JEFF HWANGのPot-Limit Omaha Poker: The Big Play Strategy
を読むようにしたい。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2013/10/01 22:23] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
オマハはしばらく断念
タイトルの通り、しばらくオマハは休止(スターズのみ)します。
50切ったことと500➡0、500➡50、と結果が出なかったことの2点。

ゲーム自体は楽しいので今後もプレイはするが、グラインド対象からはしばらく外すことにしました。

パーティーやPoker770、フルティルトで遊ぶことになりそう。
次チャレンジする時の備忘録
25PLO(バンクロール5000)

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2013/09/12 13:04] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
8月の2PLOZOOM
8月結果

2PLOZOOMの8月結果。
12181プレイして5.48bb/100の結果となった。
VPIPが19とタイトでも十分結果を出すことができた。

早速レートアップして爆死必死の9月になりそうです。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2013/09/01 20:35] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
今日のオマハ
今日の結果
今日は3面5PLOZOOM。
4時間程度打つ。

一時は8BIぶっ飛ぶもののしっかり戻して少しマイナスで終了。

途中3-wayで二人がAA持ち同士とわかっていてQJT8だったか持っていたが、さすがに200BB持ち同士でcallできなかった。相手が100BBなら余裕でプリフロcallしていた。

一日まとめて打っていると相手のリークが見えてくるのでモバイルで打つよりよい結果になると思う。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2013/07/24 17:07] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
オマハ最近のトレンド
最近のオマハキャッシュのトレンドはターンでのレイズ。
OPでフロップC-BETにcallされ、ターンでstr8ができたりすると、続けて2発目を打つとレイズを食らうことが多くなった。
大体は相手はフロップセットだが、中にはnothinngでやってくるものもいてターンで強みを見せるのが流行りらしい。
OPでフロップ、フロートしてからのターンドンクが流行っているということか。
ターン、リバーとアグレッシブにプレイするのは相手にプレッシャーを与えるいいプレイだが、ナッツ(強い役を作られた時)持たれて被害大になることもあるので、適度にポットをコントロールするほうがプレイしやすい。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2013/05/23 22:42] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
Courchevelのススメ
PokerStarsとFullTiltでプレイできるゲームCourchevelについて書いてみる。
タイトルの通りでオマハを嗜んでいる人はぜひチャレンジして欲しい。

FTの方が超マイクロレートがありBRにやさしいです。
今はFTアカウントをCourchevel用にプレイしてモリモリ増やしています。

以下メモ
オマハ以上にリドローを強く意識する。
次のストリートで強くするカードが多い場合にポットを大きくする。
現状ナッツは儚いものと思う。
ブラフのタイミング
インポジションではアグレッシブに。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2013/05/17 12:57] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
オマハ漬けの11月
順調とは言えないまでも、オマハにずいぶん慣れてきた。
慣れたついでに、ハイローにも手を出す。

ゲームに深みが出て、毎ゲーム気が抜けない。
一番やっていけないことは、PLOとハイローを2テーブルですること。
ワケワカラン状態必死です。

ローのアウツは瞬時に把握。
ハイハンドはPokeroffice5に任せる。
上昇気流に乗りたいものです。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2012/11/27 12:40] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
こっそりオマハ
最近のデスクトップは
パーティーで10PLO
Poker770で10NLH×2

いい感じのセッションが続いている。
オマハはまだブルーオーシャン。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2012/11/07 06:46] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
ポットを最大化する - その1
ハンド考察をこれからチョイチョイあげみる。

ポットを最大化するということでよくあるヘッズアップから


ゲーム開始7637101477
テーブルはタイトなイメージ。
ベットがあれば大概ハンドが入っているそんな感じだったので、強いハンドを作って相手にcallさせるプレイを心がける。

    LuchoSopranoは 16.46でシート0に着席中です。
    Fw68は 9.60でシート1に着席中です。
D   alfine090654は 7.29でシート2に着席中です。
SB  kudi66は 12.22でシート3に着席中です。
BB  Taddy_Oceanは 9.76でシート4に着席中です。
    hegelaは 13.94でシート5に着席中です。

kudi66は 0.05のブラインドを置きました。
Taddy_Oceanは 0.10のブラインドを置きました。

(Taddy_Oceanは9d 10s 8h Jsディール済みです。)

4-コネクタ(勝手に呼んでいますが、ラップとか言われています)
SS
と化けるとおいしいハンドです。

プリフロップ:
hegelaはフォールドします。
LuchoSopranoはフォールドします。
Fw68はフォールドします。
alfine090654はフォールドします。
kudi66は 0.20レイズします。
Taddy_Oceanは 0.60レイズします。
kudi66は 0.60をコールします。

ブラインドヘッズになったので、ポットレイズします。
よほど弱いハンドではないかぎり、callしてもらえる上にポジションもあるので俄然有利です。とはいえ過信は禁物で、オマハはボードマッチング命のゲーム。


フロップは次の通りです。
10c 7h 10d

kudi66はチェックします。
Taddy_Oceanは 1.80ベットします
kudi66は 1.80をコールします。


私にとってはナイスフロップがでました。
(ストレートドローありのトリプス)
私にとって不利な状況はT+JQAを持たれている場合だけですので、相手がチェックしてきたので、ポットを打ちます。相手にとってはブラフっぽく見えますし、AAやKKを持っていると、なかなかfoldできない。




ターンは次の通りです。Jd

kudi66はチェックします。
Taddy_Oceanは 3ベットします
kudi66は 9.52オールインします。
Taddy_Oceanは 4.06オールインします。
kudi66に 2.46が戻されました。

フルハウスができたので、私の方は降りる理由がなくなりました。
自分のチップを全てポットに入れることが目標ですのでポットでもいいのですが、あまり強気だとfoldされる恐れもあるので、中途半端にベットしました。
allin要求があったので、予定通りcall。

一番おいしい展開で相手には2つのアウツしかありませんでした。



ショーダウン:

kudi66は次のカードを見せます。: Ks Qh Kd 2s
Ks Kd 10c 10d Jd
ツーペア、キングとテン

Taddy_Oceanは次のカードを見せます。: 9d 10s 8h Js
10c 10d 10s Jd Js
フルハウス、テンoverジャック

リバーは次の通りです。4s

kudi66は次のカードを見せます。: Ks Qh Kd 2s
Ks Kd 10c 10d Jd
ツーペア、キングとテン

Taddy_Oceanは次のカードを見せます。: 9d 10s 8h Js
10c 10d 10s Jd Js
フルハウス、テンoverジャック

Taddy_Oceanはポット( 18.22)を獲得しました。

SBはハンド過信したために起こった悪い例です。ターンで打つということはfoldさせることは不可能なわけでストレートも完成していないハンドでallin要求するのはチップを捨てているのと同義です。(自分もたまにやるので今回取り上げてみました。)
フロップ、ターンと打たれたらSBは降りざるを得ません。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2012/06/27 01:15] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
オマハ…6-maxマイクロレート戦略編
どうすればBRが増えてゆくかを考えると、高度な戦略は必要ありません。(あればなおよし)

1.小さいポットを上手に集める。
ポジションを持って、ブラフボードでポットの8割~をベットします。
callされた時点で負け確定ですので、相手がbetしたら素直におります。

2.ポットを大きくする
ナッツの時、ポットが大きいとセカンドナッツ以下のプレーヤーは早々降りられません。ハンドがきた時にしっかりベットして、ドローにリスクをとってもらいましょう。

3.リバーのリレイズにブラフなし。
リバーでの豹変は素直に降りましょう。

4.フロップチェックは勝利のサイン
オマハでのフロップチェックは何もないと言っているのと同義です。
せっかくフロップでマッチしても、ポジションがないとポットを大きくするのは、困難となります。とはいっても、4プレーヤー以上の場合チェック≠持ってない場合が多いので無理しないことです。

5.ポジションlove
参加するならBTNかCOということになります。
最初のうちはBTNだけ参加でもいいでしょう。

以上が基本ですが、中にはこれらを逆手にとった明らかにうまいプレーヤーもいますので、常に観察をして取れそうなところから取るを実践してみてください。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2012/06/20 12:55] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
自分にあったゲームを探す
AJPCオンライン予選はあきらめました。
2nd×4あったのにファイナルへ進めないという情けなさ。ちょっと反省です。
春なので、初心に戻って色々なことを再考しています。

バンクロール管理の大切さであったり、ゲーム別の特徴、テーブル人数、リング、SNG、MTT。
ゼロベースで自分にあったゲームタイプは何か模索しているところです。

ここ数週間で見えてきたこと
1.リングよりもSNGがあっている
2.ダブルアップや50fiftyがよりあっている
3.6-max,2tableの調子が良い
4.ヘッズは合わないようだ
5.ホールデムよりオマハがあっているようだ

皆さんも自分の得意なフィールドで頑張って見てください。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2012/05/23 21:30] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
アンダーセットは喰われる
ポットリミットomahaにおいてのセットというのは非常に儚い。
セットができたら、ドローするプレーヤーにリスクを負わせないといけない。
それがアンダーセットの宿命だ

10以下のペアは他のカードがコネクトしてない場合プレイに値しない
私がプレイするのはAのスート有り9TTJのようなコネクト
プレイできてもレイトポジション

Aは$1.40でシート0に着席中です。
Bは$29.24でシート1に着席中です。
Cは$1でシート3に着席中です。
Dは$34.25でシート4に着席中です。
Taddy_Oceanは$14.30でシート5に着席中です。ボタン
Eは$1.33でシート7に着席中です。
Fは$1.87でシート9に着席中です。

シート5がディーラーです。

Eは$.05のブラインドを置きました。
Fは$.10のブラインドを置きました。

(Taddy_OceanはKh Kc Qh 5sディール済みです。)
ビックペアだが深追いは禁物。ポジションがある分降りやすい


プリフロップ:
Aはフォールドします。
Bは$.10をコールします。
Cは$.10をコールします。
Dは$.45レイズします。
Taddy_Oceanは$.55をコールします。
Eは$.50をコールします。
Fは$.45をコールします。
Bは$.45をコールします。
Cは$.45をコールします。


Dはオリジナルレイザーなので、call。
マイクロレートなので、参加するプレーヤーは多い


フロップは次の通りです。
6h 2s Qd

Eはチェックします。
Fはチェックします。
Bはチェックします。
Cはチェックします。
Dはチェックします。
Taddy_Oceanは$3.30ベットします
Eは$.78オールインします。
Fは$1.32オールインします。
Bは$3.30をコールします。
Cはフォールドします。
Dはフォールドします。

ポットを打って確認してみた。
レイズ入ればあきらめといったスタンス
E、Fはショートなので、どうでもよく、問題はBのcall(レイズではなくcallという点)だ。
怖いのはQQ様とツーペア
QQならレイズを入れたいところだろう。あえてレイズせずということか…などと考える。

ターンは次の通りです。Kd

Bは$12ベットします
Taddy_Oceanは$10.45オールインします。
Bに$1.55が戻されました。

BはALLIN要求してきました。ここでALLIN要求できるハンドはQQor66or22
「ドローなら降りた方がいいよ」ベットと読み、サイドポットでウハウハcall
案の定Bはドローイングデット
私がアンダーセットのBの立場なら、ターンでフロップと同額程度のベットで出方を見る。
またはフロップでレイズALLIN要求(セットの主張)

ショーダウン:

Eは次のカードを見せます。: Jh 7d 6c Ad
6h 6c Ad Kd Qd
シックスのワンペア

Fは次のカードを見せます。: 2h 5h 7s 4s
2s 2h Kd Qd 7s
ツーのワンペア

Bは次のカードを見せます。: Ah 3h 6d 6s
6h 6d 6s Kd Qd
スリーカードシックス

Taddy_Oceanは次のカードを見せます。: Kh Kc Qh 5s
Kd Kh Kc Qd 6h
スリーカードキング

リバーは次の通りです。3s

Bは次のカードを見せます。: Ah 3h 6d 6s
6h 6d 6s Kd Qd
スリーカードシックス

Taddy_Oceanは次のカードを見せます。: Kh Kc Qh 5s
Kd Kh Kc Qd 6h
スリーカードキング

Eは次のカードを見せます。: Jh 7d 6c Ad
6h 6c Ad Kd Qd
シックスのワンペア

Fは次のカードを見せます。: 2h 5h 7s 4s
6h 5h 4s 3s 2s
ストレート、シックスハイ

Fはポット1 ($6.09)を獲得しました。
Fはポット2 ($1.54)を獲得しました。
Taddy_Oceanはポット3 ($23.63)を獲得しました。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2009/03/10 13:51] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
失速
omahaはおもしろい。

ゲーム開始3992936922

Taddy_Oceanは$26.45でシート0に着席中です。
sbaroccioは$9.25でシート1に着席中です。
bzh.56は$26.30でシート2に着席中です。
JohnDuNordは$30.90でシート3に着席中です。
argos31は$24.40でシート5に着席中です。

シート0がディーラーです。

sbaroccioは$.15のブラインドを置きました。
bzh.56は$.25のブラインドを置きました。

(Taddy_OceanはJh Qs Ah 6sディール済みです。)

プリフロップ:
JohnDuNordは$.25レイズします。
argos31は$1.40レイズします。
Taddy_Oceanは$1.90をコールします。
sbaroccioは$1.75をコールします。
bzh.56は$1.65をコールします。
JohnDuNordは$1.40をコールします。

フロップは次の通りです。
9s 4h 10h

sbaroccioはチェックします。
bzh.56はチェックします。
JohnDuNordはチェックします。
argos31は$9.50ベットします
Taddy_Oceanは$9.50をコールします。
sbaroccioはフォールドします。
bzh.56はフォールドします。
JohnDuNordはフォールドします。

ターンは次の通りです。4d

argos31は$13オールインします。
Taddy_Oceanは$13をコールします。

ショーダウン:

argos31は次のカードを見せます。: 10s 8s 9h 8c
10h 10s 9s 9h 4h
ツーペア、テンとナイン

Taddy_Oceanは次のカードを見せます。: Jh Qs Ah 6s
4h 4d Ah Qs 10h
フォーズのワンペア

リバーは次の通りです。7c

argos31は次のカードを見せます。: 10s 8s 9h 8c
10h 10s 9s 9h 7c
ツーペア、テンとナイン

Taddy_Oceanは次のカードを見せます。: Jh Qs Ah 6s
4h 4d Ah Qs 10h
フォーズのワンペア

argos31はポット($52.50)を獲得しました。
勝率は
PF:54:45
FL:53:46
TU:45:55
こうで、ポットにcallできるのはフロップまでだ。
ターンでcallするとなると、コミットしてしまう。
ドローでコミットは避けたい。
引ければ良かったが、分がなかった。
200BBに届くまでと思って、スタック持ってテーブルにいたのが、そもそもミス。

フロップ見て悔いはなかった。あわよくばAAやKKがガッツリやってきてほしかった。
こうなったら、omahaの鬼に来年はなろうか。
いや、無理はよそう。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/12/01 22:00] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
NLか
一日一STTomahaの17日目9/17
オマハヘッズアップに挑戦1+0.1
序盤ストレート作り、ハイペアにcallしてもらう。1380
ポケット5がセットになりポットを取る。
1500到達。あとは優位を作ってプレッシャーを掛ける作戦。

以下ラストハンド

ricardobluffは1に515を持って着席しています。
Taddy_Oceanは2に1485を持って着席しています。

ブラインドを置く:

ボタンは1にあります。
ricardobluffは30のスモールブラインドを置きます。
Taddy_Oceanは60のビッグブラインドを置きます。

ポケットカードをディールする:

ricardobluff: -- --
Taddy_Ocean: 9s 2c Qd Jd

プレフロップ:46:52
ricardobluffは30をコールします
Taddy_Oceanはチェックします


フロップ (10c Jh Ah):41:57
Taddy_Oceanはチェックします
ricardobluffは120レイズします ダメプレイ1
Taddy_Oceanは120をコールします


ターン (10c Jh Ah Kd):85:08
Taddy_Oceanは60レイズします
ricardobluffは335レイズします ダメプレイ2
Taddy_Oceanは550レイズします


リバー (10c Jh Ah Kd 8s):

ショーダウン:
Taddy_Oceanは9s 2c Qd Jdを見せます
Taddy_Oceanは10c Jd Qd Kd Ahを持っています: ストレート
ricardobluffは4h Jc Kc 7dを見せます
ricardobluffはJc Jh Kc Kd Ahを持っています: ツーペア
ricardobluffは退場しました

フラッシュドローが怖かったが、相手は4アウツのフルハウスドローで助かった。
ターンで引けなくても、callしていたと思う。

1:チップカバーされていてポット打つ必要はなし。
私がチェックしたのだから、ここはフリーカードをもらうべきアクション。

2:どうみてもcallでとめるべき。
降りるならフロップのポットで降りているだろうから間違ったアクション


なんとなくBodogの0.10/0.25FLHに座って1周しない内にダブルアップ
初手でフロップセットを掴み
次手プリフロキャップでフロップセットでビックポット。
再びプリフロキャップでフロップフルハウス。

当然早々にシットアウトしました。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/09/18 09:47] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
リスク負いすぎ
一日一STTomahaの15日目9/15
休息の日
この日は国内最大級の恐竜博物館へ行ってきた。

一日一STTomahaの16日目9/16
オマハ18人6-hand
上位グループにいても引かれれば終了だ。

ブラインド: 100/200

座席の配置:

benoi59100は1に2020を持って着席しています。
lora34は3に1285を持って着席しています。
filippopalは5に3730を持って着席しています。
Taddy_Oceanは6に2280を持って着席しています。

ブラインドを置く:

ボタンは1にあります。
lora34は100のスモールブラインドを置きます。
filippopalは200のビッグブラインドを置きます。

ポケットカードをディールする:

benoi59100: -- --
lora34: -- --
filippopal: Jd 4h Jh Qc
Taddy_Ocean: 6c Qs 7s Ac

プレフロップ:48:51
Taddy_Oceanは200をコールします
benoi59100はフォールドします
lora34は100をコールします
filippopalはチェックします


フロップ (Kh Jc 9c): 31:67
lora34はチェックします
filippopalはチェックします
Taddy_Oceanは300レイズします チェックで回ってきたので打ちます。
lora34はフォールドします
filippopalは1500レイズします
Taddy_Oceanは1200をコールします ダメプレイ


ターン (Kh Jc 9c 10h):50:45
filippopalは2030レイズします
Taddy_Oceanは580をコールします


リバー (Kh Jc 9c 10h Kc):

ショーダウン:
filippopalはJd 4h Jh Qcを見せます
filippopalはJd Jh Jc Kh Kcを持っています: フルハウス
Taddy_Oceanは6c Qs 7s Acを見せます
Taddy_Oceanは6c 9c Jc Kc Acを持っています: フラッシュ
Taddy_Oceanは退場しました


ポット概略:
1450がfilippopalへ戻されました(コールしなかったため)
ポット合計: 4760
filippopalは4760獲得しました

意外だったのはターンの時点でほぼ互角の勝率だったということ。
フロップのチェックレイズを喰らった時点で降りるべきだった。
理由
・チェックレイズの時点でハンドでは負けていること
・チップがカバーされていて退場になりかねないこと
○引けたところで50:50の勝負になっていたこと(驚)

オッズを消されたらDead or Aliveになると心得よ

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/09/17 08:53] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
バッドビートに耐えきる
一日一STTomahaの10日目9/10
STTは時間がなくできなかった。

キャッシュゲームでは
読み切っても1アウツ引かれてはどうしようもない。

レイトポジションQc Ks 4h 5h
レイズなく5人がフロップを見に行く

フロップKh Kc 8d

私ポットに後ろcallでヘッズアップ
ターン4c
ポットにミニマムリレイズされたので、allin要求

相手call ハンドは3d 8s 8h Ah

リバー 8c

今まで1アウト引かれたことはなかったのでかなりの動揺。
速攻リバイして原点回復を目指すが、なかなか原点まで行かない。
ここは無理せず-2まで戻したところでシットアウトした。

悪い流れは変わらずで、大幅に負け越す。
まだ余裕のあるうちにBodogもSTTに移行しようか…

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/09/11 10:37] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
オマハキャッシュゲーム
一日一STTomahaの8日目9/8
全くテーブルが立たないので10人STTホールデム(0.10+0.01)をプレイ
併行してBodogでオマハのキャッシュゲームとT6pokerでオマハキャッシュゲーム3面動かす。
オマハ多面は厳しいので、T6pokerを僅か勝ち越し閉じる。
STTは300点に削られるバッドビート喰らうもトリプルアップし原点戻し。
そつなく素直にプレイして優勝!

今日の考察はBodogオマハキャッシュゲーム
ルールはフルバイインし、リバイしないこと。
0になったらSTTやMTT中心でいく。

マイクロレート()内はその時点での勝率

BBでQd 9d Ks 8hが配られる
プリフロップ(38:61)
ボタンがポットレイズ。callし3人

プリフロップでボタンがポット打つのはポジションもあるしわからないでもないが、ノースーツなのでフロップ以降の打ち回しには注意が必要だろう。

フロップ6d 7d Qs(73:26)
チェックチェックでボタンがポット。
私callでヘッズ。

ボタンのポットベットは前二人がチェック回しなので、ヒットしてなくても打つべき。
んで、一人(私)callされる。

ターンJs(50:50)
私チェックにポットレイズ

間違ったアクションならここだろう。
ポットは打ちすぎでリバーで怖いカードが出ても降りられない。
一方私はフラッシュドロー+オープンエンドの15アウツQヒットの2枚はスト作られている可能性もあるので、入れない。
降りない相手にポットは危険だ。
勝率からも3割~ハーフだろうか。

call

リバーJd
ミニマムバリューベットにallin要求でcall

相手Kd Ac Ah 7s

負けているとすればフルハウス、上フラッシュ。
ここまでのアクションでプリフロップ、フロップでポットから
ミドルペアの線は消し、負けているとすればQQ、JJ、Axd、Kxd

JQ持っていればプリフロレイズしているとしてAAJQあたり。
8割方勝ちを確信してのcall。

ダブルアップしてやめようと思っていたら、ターンでナッツフルハウスに
セカンドがリレイズまでしてかぶせてきてくれて、難なくフルバイインいただく。

オマハってオモロー!
勝てればね…

ここで教訓

「ダブルAはホールデムでのAKのようなもの」

いつでもスパッと捨てられないと痛手を負う。
過剰なベットは禁物

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/09/09 12:22] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
だから耐えるんだ
一日一STTomahaの6日目9/6
18人6-handオマハ(0.2+0.02)に登録。

序盤カットオフで594Jのくらぶ4枚。
フロップ見るだけと思ってリンプ

フロップ:9d 5d 5h 笑うしかないフロップ

前でミニマム入ったのでここはcall。

ターン7c
フラ目スト目が出て、前でまたミニマム… ここでポットを返します。
一人call

リバーは4d

相手ポットベット。フラッシュ止まりを願いcall
相手Aハイフラッシュでダブルアップ。

いつものように静観モードでいると、今回はタフな戦いでプレーヤがなかなか減らない。
気がつけば100-200までブラインドが上昇。1700点しかないので、ぶつかれば生死に関わります。

そんな中残り5位負ければバブルでやられたハンドがこちら

ブラインド: 100/200

座席の配置:

perekotypoleは1に1575を持って着席しています。
XMissPokerX5は2に2595を持って着席しています。
FabioGamaは3に6195を持って着席しています。
Taddy_Oceanは5に1790を持って着席しています。
ouinetouは6に5845を持って着席しています。

ブラインドを置く:

ボタンは1にあります。
XMissPokerX5は100のスモールブラインドを置きます。
FabioGamaは200のビッグブラインドを置きます。

ポケットカードをディールする:

perekotypole: -- --
XMissPokerX5: -- --
FabioGama: -- --
Taddy_Ocean: 10d 6c Kc 9d ダブルスーツの3ビックカード好きなかたちだ。
ouinetou: -- --

プレフロップ:
Taddy_Oceanは200をコールします
ouinetouはフォールドします
perekotypoleは200をコールします
XMissPokerX5は100をコールします
FabioGamaはチェックします


フロップ (10s 5c 9c): トップ2ペア+フラッシュドロー(Kハイが気になるが…)
XMissPokerX5はチェックします
FabioGamaはチェックします
Taddy_Oceanは800レイズします
perekotypoleは1375レイズします
XMissPokerX5はフォールドします
FabioGamaはフォールドします
Taddy_Oceanは575をコールします

当然うちにかかると、レイズ喰らった…行くしかないのでcall

ターン (10s 5c 9c Js 7d):

ショーダウン:
Taddy_Oceanは10d 6c Kc 9dを見せます
Taddy_Oceanは9d 9c 10d 10s Jsを持っています: ツーペア
perekotypoleは5d Ah 5h Ksを見せます
perekotypoleは5d 5h 5c 10s Jsを持っています: スリーカード

引けずに200点。死亡確定か…

次のハンド強制allinで2ペアで逃げ切り息を吹き返す。
とは言っても600点。みんな私が飛ぶのを待っています。

BBがまわってきた。ハンドは6d 3c Td Tc
よくはないが、ダブルスーツのTペア

奇跡のストレート完成で戦線復帰。
まもなく3人allin合戦があり一人飛び入賞!

のらりくらりと3位フィニッシュ。

まさか入賞できるとは思わなかった。
調子に乗って、再戦するも序盤で上フラッシュに喰われて終了…連勝記録はここでストップ。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/09/07 14:23] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
オマハ以外も意外とイケてます
一日一STTomahaの5日目9/5
昨日に続き18人6-handオマハ(0.2+0.02)の集まりが悪いので今日は10人オマハSTT(0.10+0.01)
特別大きな問題もなく、インマネ確定。気が抜けて3位フィニッシュ。
エベレストポーカー以外も細々とプレイ中。


その他の状況

japan3Dpoker
FRに今月から参戦し、3戦して、全て入賞。
正直ブラフ多すぎ&ベットしすぎ。ラッキーゲーム的な様相。

T6poker
€30FR2連続インマネ。
ただ額が小さいのでインマネし眠くなったら全FOLD。

Bodog
BPO2(ボードックポーカーオープン2)のサテライトが開催中。
50ptsでサテサテにでてギリギリインマネ(5+0.5)
これはトーナメントポイントなので他のMTTにも流用可能。
まだ2度ほど挑戦できるので、TCを貯めて低バイインサテに出てみる。

MMpoker
活動休止中

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/09/06 15:27] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(2) |
MTT 5/90 ドローを引きまくる日
一日一STTomahaの4日目9/4
今回も18人6-handオマハ(0.2+0.02)…と思うが、人が集まらない…

しかたないので、オマハMTT(25SP)へ参戦することにした。参加者は90人
結果から書くと5位なんだが、明日の仕事に差し支えることと疲れがたまっていたため
ファイナルテーブル(インマネ)してからはパソコンの電源オフ=全FOLDというわけだ。

セミファイナルでバケーションが4人もいるためか、進行が非常に遅い。
さておき振り返ってみよう。

繰り返すがオマハにおいては序盤でダブルアップができると非常に楽だ。
ハンドを選ぶことができ、有利な状況を作りやすい。

今日もオバカプレーの例をまずは見てもらおう。

ブラインド: 10/20 序盤だ

座席の配置:

namirhaは1に985を持って着席しています。
cartoon34は2に730を持って着席しています。
alschainabiは3に1015を持って着席しています。
bigmama187は4に925を持って着席しています。
worfは6に1885を持って着席しています。
ticoni55は7に955を持って着席しています。
Taddy_Oceanは8に905を持って着席しています。
DAMEEEEは9に940を持って着席しています。
villaresortは10に705を持って着席しています。

ブラインドを置く:

ボタンは7にあります。
Taddy_Oceanは10のスモールブラインドを置きます。
DAMEEEEは20のビッグブラインドを置きます。

ポケットカードをディールする:

namirha: -- --
cartoon34: -- --
alschainabi: -- --
bigmama187: -- --
worf: -- --
ticoni55: -- --
Taddy_Ocean: 7h 5h 4h 3c 1ギャップの3ストレート化けるときはあるがドミネイトされやすい。
DAMEEEE: -- --
villaresort: -- --

プレフロップ:
villaresortは20をコールします
namirhaは20をコールします
cartoon34は20をコールします
alschainabiは20をコールします
bigmama187は20をコールします
worfはフォールドします
ticoni55はフォールドします
Taddy_Oceanは10をコールします
DAMEEEEはチェックします


フロップ (2c 4s Ac):
Taddy_Oceanはチェックします
DAMEEEEはチェックします
villaresortはチェックします
namirhaはチェックします
cartoon34はチェックします
alschainabiは40レイズします
bigmama187は40をコールします
Taddy_Oceanは300レイズします
DAMEEEEはフォールドします
villaresortはフォールドします
namirhaはフォールドします
cartoon34はフォールドします
alschainabiはフォールドします
bigmama187は260をコールします

私のためのフロップがでた。現ナッツのうえ6でもナッツ。
こういった場合フラッシュドローを消す必要がある。
1枚クラブを持っているので8アウツ。約1/4引かれれば仕方ない。
これが私にクラブが1枚もないとしたらポットをふくらますことはしなかっただろう。




ターン (2c 4s Ac 7d):
Taddy_Oceanは585レイズします
bigmama187は585をコールします

7いいカードが落ちた。リドローが増え、打たない理由はない。

リバー (2c 4s Ac 7d As):

ショーダウン:
Taddy_Oceanは7h 5h 4h 3cを見せます
Taddy_Oceanは2c 3c 4s 5h Acを持っています: ストレート
bigmama187はKc 6s Ah Jdを見せます
bigmama187は7d Kc Ah Ac Asを持っています: スリーカード

フタを空けてみれば、ターンの時点で相手ドローイングデットw
こういうプレーヤーにはなってはいけません。

その後も変なプレーヤからチップをゴッソリもらい3000点弱。

圧巻はチップリーダーに躍り出たハンド
続きを読む

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/09/05 10:54] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ>>
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード