FC2ブログ
2014/03/16

TitanPokerチャレンジ【終了】

ポーカーストラテジーからアカウントを開設して始めたタイタンチャレンジ。

第五回目にして終了のお知らせです。
スピードホールデムでティルトしてじり貧になり、あとは不運が続いて終了となりました。

下限ロスカットを忠実に行わないといけませんね。
PartyPokerやFullTiltは比較的好調でバンクロール増加中です。

TitanPokerは初心に戻ってまだプレイができる初心者テーブルで少しBRを増やしダブルアップSNGぐらいはできるようになりたい。基本デポジットするのはPoker770になると思うので、TitanPokerはこのままだと終了となりそうです。


■今回のポイント
ユーロテーブルなので50USDだと心許ない。
PLOやNLでのCASHゲームはMSS戦略でバンクロール増加をねらう。
フルスタックだとスイングに耐えきれない。
ストップロスは必須
2014/02/28

リスクばかり取ってます

ポーカーストラテジーからアカウントを開設して始めたタイタンチャレンジ。

そろそろ90に届こうかというところでリスクを取って0.05/0.10PLOを50BBで座る。
サクッと3つ45:55みたいなぶつかりをどれも制すことができず、今月の積み上げを全て吐き出す結果になった。

そう甘くはないよね。
虚しさだけが残るので、レートアップはしないことを強く推奨したいと思います。
0.02/0.04PLOでプレイするバンクロールは40<バンクロール<500
0.05/0.10PLOのプレイするバンクロールは200<バンクロール<5000
ディスプレイに貼っておきます。

3月はレベルアッププロモーションがあるので、がんばって連日プレイしたいと思います。
Poker770とTitanPokerとのいずれでもレベルアップしたいがそうはいかないだろうな。
2014/02/23

好調な滑り出しです。

ポーカーストラテジーからアカウントを開設して始めたタイタンチャレンジ。

前回の記事からおよそ1ヶ月たちました。
バンクロールは90に到達しました。

オマハについて
プレー人口がホールデムに比べて少ないので、必然的にショートハンデッド(6人テーブル)でのプレイになる。
バンクロールが少ないので、一番下のレートに座らざるを得ない。
ということで0.02/0.04のPLOをプレイ。

これまでのプレイ時間728分で35のプラス。
661ハンドしかしていないのが、数増やせばいいってものでもないしALLIN EVを右肩上がりになるよう心がけてプレイしたい。

ホールデムについて
スピードホールデムでは後半下がり結局マイナス8
時間が作れればトーナメントをプレイしたい。

iPoker系では明らかに上手い人とカジュアルな人がわかりやすいので、腕を鍛えたいなぁというときは多少プレイしにくくても勉強のつもりで座り続けている。
本来はカジュアルなプレーヤを捜し歩くのがいいのだろうけど、そもそも人少ないし。

とりあえずこのレートでしばらくは修行します。
2014/01/21

ゲームは1時間まで

ポーカーストラテジーからアカウントを開設して始めたタイタンチャレンジ。

フリー10にデポった20と上乗せ20の計50でスタートしたこのチャレンジ。
平日は子供のしつけの如く、1時間程度しかポーカーできない状況が続いている。
週末もなかなか厳しい。

そうなるとプレイするのはハンドをこなせるzoom(タイタンではスピードポーカー)ということになる。
HUDは慣れ親しんだomahaのままだが、このレベルなら十分。

アンノウンに慎重にプレイし、素直なアクション計画をたてるだけで、エッジが出る。
レーキに押しつぶされるのでプリフロップのスチールをキッチリ決めること。
3-betで主導権を握ること。
スクイーズをしっかりすること。
これらでエッジを出す必要がある。

強い役ができた時にしっかり相手から引き出す必要がある。
酷いブラフにCALLする勇気もたまに必要とよく考えてプレイすれば結果は自然とついてくる。

まずはインポジションで相手を見ながらアクション。
2014/01/09

TitanPokerチャレンジ~0からスタート

昔はどのポーカールームもフリーロール(参加費無料のトーナメント)が頻繁に開催され、全くの0からバンクロールを築き上げることも容易な時代がありました。近年ではそういったポーカールームは激減しマイクロローラーに厳しい時代がやってきています。

その中でもがんばっているのが、TitanPokerです。
ポーカーストラテジーからアカウントを開設すると、10USDクレジットされます。ここから90日間はSNGのフリーロールに出まくります。

6人テーブルのSNGは上位2人が賞金を獲得できます。
登録は1分毎にやってきて、一瞬で満席になるので、テレクラばりの(古い)高速クリックでシートをとりましょう。
もう一つの注意点は1時間に3つのトーナメントしか出られないことです。

オンラインチャットでサポートが会話をしてきますが、Im so busy.みたいなことを言っていれば、静かになります。

この6人テーブルSNGで学べることは数多いです。
BRを増やすのではなく、勉強のつもりでプレイしましょう。


プレーヤーの分析
超タイト
バブルタイムの攻防
ヘッズアップ


60日後(オファーのリミットはオンラインチャットで確認した方がいいかも)、20USDをネテラやskrillなどから入金し20USDもらいます。
ここまでで増えることはあっても減ることはありません。


10(ノーデポ
10(フリーロール
20(デポ
20(デポボーナス
計60

これだけあれば、一番低いステークスのリングゲームに十分参加可能です。
ちなみに私は去年の暮れに登録してフリロですでに3.20USD増加しています。