FC2ブログ
2014/03/04

オマハトーナメント攻略

最近たまたま入賞続いたので感じたことを書いておきます。

◼︎トーナメントの種類
やるならリバイトーナメント
オマハのゲーム性から降りることができないマッチアップがあるので、フリーズアウトではなくリバイ可能なトーナメントがいいです。
エントリー×4ぐらいの気持ちで参加するといい。

◼︎序盤の方針
ハンドセレクションはテーブルの状況によりますが、ルースなプレーヤーをチェックし、ターゲットにします。
ターゲットに対してポジションを持つことが大切です。
スターティングハンドですが良いに越したことはありませんが序盤ですから、フィーリングで参加してもいいし、ロックにプレイしてもいいのですが、ポストフロップが大事です。

◼︎ハンドは早々に諦める。
序盤ですから、薄いドローは捨て、10以上アウツがある状況でプレイする。
AAは過信しない。

◼︎リバイアドオンについて
add-onは必ずする。
リバイはテーブルのチップ量で判断する。

◼︎リバイタイム終了後
インマネまで残ることを優先させる。
10BBを切っても焦らない。
バブルタイムでスタックを築けるといい。
だんだんとバブルが近づくにつれて、チップ量が平準化してゆく。
ハンドがないと話にならないので、焦らない。
簡単にぶつかるので、最後の1チップまで諦めない。

2009/01/31

締めはomahaMTT

omaha(2+0.2)のMTT
参加者はたったの30人。

序盤でいかに鬼アグレを見つけるかに集中する。
プレミア持ってガッツリいただければ一番なんだか今回はどうだろう。

序盤でえたビックポット

続きを読む

2008/12/22

MTT 2/199 やはりオマハなのか

12月入賞がないと思っていた。
結果からいうと2位。上出来。

開始30分幸運にもストレートを引きダブルアップを果たす。

その後数ハンド目に来たゲームでフロップトップペアのKフラッシュドローで2人のALLINを受ける
相手Qペアのフラッシュドロー
相手Jペアのフラッシュドローとかなり有利な状況で無難に勝ち、top5に入る。


チップ持ちになったところでプリフロップ2675SSを持ってポットにcallする。
フロップが277で先にポット打つとレイズされたのでALLINさせる。
案の定相手てはAA様。無難に勝ち。

さすがに残り20人あたりからはアグレッシブ過ぎる人はいなく
ブラインドがじわりじわりと上がってゆく。

その後はひたすら人が減るのを待ち
ファイナルテーブルではちょうどアベレージくらい。

久しぶりにエキサイティングな時間を過ごせた。
2008/08/05

omahaショートハンド

昨日は18人6-handのomahaにチャレンジ。
2度チャレンジして、2度とも4位。

一応インマネだが、ドミネートして引かれては致し方ない。
私AAxx 相手KKxx
プリフロップでレイズ合戦。計算してみると7:3。
omahaでも圧倒的有利な状況が存在するんだと勉強になった。
まぁKが落ちるわけですがね。

次は序盤で上手く抜け出し、2位をキープして残り6人。
ボタンで何となく参加。Jハイのフラッシュだが、セカンドナッツ。
ショートが飛び込み私がcall。チップリーダーが高速リレイズallin。
ナッツ主張なので、FOLD。チップリはナッツフラッシュ。

しばらくはomaha18人6-handMTTにチャレンジしてみる。
2007/11/22

MTT 1/104 とったどぉ

だいぶオマハにも慣れてきたのでトーナメントへ出てみる。
引きまくり引きまくりで序盤でチップリーダーへ躍り出る。
ブレーク前にはすでに残りプレーヤー30人(スタート104人) っておいw
まずはインマネまで慎重に行くことにする。

ってじっとしていられない…自分チップ半減で4000切る

折角序盤で増やしたのに…

といいつつも、アグレッシブにいってリバーでセット作ったり
4500ほどでファーストブレークを迎える。
ブレーク明けで驚愕ハンドが襲うのでした。

続きを読む