I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
Bodog Fight Challenge Poker Tournament Series ファイナルラウンド(実況)
10:05JSTスタート
2500チップスタートで15分毎にブラインドが上がるゆったりしたラウンド構成。
58人のプレーヤー参加
総チップは145,000
インマネ平均29,000
目標は30,000点といったところか。
作戦としては
ラウンド8(スタート2時間)で100/200
このあたりまでは、慎重に打ち回す予定。


ラウンド1
参加したハンドは初手A-6
フロップガットストレートドローだったが、フロップ、ターンと
強く打たれたので、潔くFOLD。

まだまだこれから

ミドルから8-9hでリンプ
BBが3BBレイズ
フロップでとりあえず8ヒット。
相手パッシブにベット。
おかげでリバーまで安く見られてバックドアフラッシュ!
リバーでのリレイズにもcallしてもらえて、ちょい浮きまで浮上


ラウンド2
COが3BBレイズ
ボタンの私call ハンドはA-Qc
ヘッズアップ
フロップQXX
やたらちょっと打ってくるので、KKAAかぁ?
と思いつつcall
ターンラグ フロップと同じ額
リバー ポット

負けても原点戻りと思いcall。
相手ピュアブラフw


ラウンド3
残りは54名。
チップは3400。
前にレイズ4BBにAJ持ってcall
フロップXJX
ハーフ以上打ってきたので、リレイズして確認。
相手call。
ターンKハート3枚目 私Ah持ち
チェックチェックで
リバーK
相手6割ベットにcall
ハンドはKJ…
原点割り込み…

次ハンドで55
フロップセットが決まり、ポット打つとリレイズ(キター)
allinになり、相手TT
T落ちずダブルアップ ノリノリであるw


ラウンド4
どうもハンドに比較的恵まれているようだ。
AKやAQもそこそこくるし、ポジションにも恵まれてポットを獲ったり。
アベレージは2700
4500チップ持っているので、なかなか理想的な序盤戦。

ブレイクイン目前。


ラウンド5
残り50人
意図しないレイズのおかげで、ルースアグレになっている。
文章打ちながらプレイしていると、エンター押すタイミングで
ポカに画面がスイッチングして「レイズ」してしまうことに…

ボードマッチするので打って相手を降ろしている。

はたから見るとレイズの予約しているように見えるのか
パタパタFOLDしてくれます。


ラウンド6
KK様降臨もスチール止まり5BBは打ちすぎたか…
チップは5290

ラウンド8
ハンド入らず、ジリジリ減っております。
アベレージちょい下。


ラウンド9
残り27人
あと1時間で勝負が決まりそうです。


ミドル8-9hでレイズイン
2
一人(同スタック)call
フロップK 2 4
フラッシュドロー
ハーフ打つとリレイズ!!
とりあえずcall
ターン 9 9ヒット!
allin
相手ハンドAJ
ほぼダブルアップ

10000チップもって上位グループの仲間入りです(4人が10000チップ持ち)

ショートallinをA-7dで受け相手4-4
残念ながらキャッチできず少し減らす

ラウンド10
セミファイナル(18人)まで来ました。
10000チップ持ち。アベレージは8600

じゃんけん大会にそろそろ移行しそうです。


ラウンド11
残り12人
下から数えて4番目…


ラウンド12
残り11人
スチールしないとチップが維持できない状態。
早くファイナルテーブルにならないとブラインドが厳しい

1300と2400と3300がなかなか飛ばない。
私は4番手…

ブレーク明けは牛歩で飛びを待つことにするか…
ラウンド13
ファイナルテーブルキター~

残り6人 ブラインド800に対して4000チップ

A-Toでallinにチップリーダー余裕のcallハンド2-2

2が落ちて終了。ターンA落ちるもリバーラグで終了。
バブルボーイ…

はぁ悔しい…
自然死のつもりだったのだが、allinしてしまった自分が情けない。

あと3週もあれば、誰かがぶつかって入賞はできたかもしれないのに。

これが実力なんでしょうか…


冷静に分析です
状況は6人中私だけがショート4000
他は15000以上。

UTGでA-To
allinにチップ持ちがcall ハンドは22
49:51のじゃんけん勝負に持ってゆけたので
僅かな運がなかったと思って、納得するしかない。

4位5位のチップセットは密かに欲しかったが
我慢してもブラインドは800 A100
1周で1700消える。
2周半。

あと10ハンドでプレミアが来る確率にかけるよりは
チップがあるうちにA-Tであわよくばダブルアップができれば
という考えだったし、選択としてはベストだったと思う。

中盤の戦いはもうちょっと早く、牛歩を使ってショートを飛ばすべきだったかもしれない。
5人テーブルだったため、ブラインド削りが他のテーブルより早かった。

プラズマテレビや旅行が目の前にあったようでとても残念だが
そもそも無料のトーナメント、スリリングな体験ができただけでもよしとして
今回シリーズのシメとします。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/02/01 10:15] | MTT | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<MTT 10/149 ファイナルテーブル | ホーム | T6poker最新情報>>
コメント
Taddyさん、お疲れ様でした。
応援出来なくてすいません。
実況文書、大変分かりやすかったでふw
次回は、入賞でふねw
頑張って!
[2008/02/01 16:55] URL | マメニャン #- [ 編集 ]
コメントどうも。
ダブルアップなければ、ライブレポートやめようと思ってたんですが、気がつけばファイナルテーブルにいました。得た物が多いトーナメントでした。
[2008/02/01 19:54] URL | taddy #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/121-66b50bd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード