I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
1桁で耐える
久々にキレたハンド。
1+0.1の18人6-hand


nancho01は825でシート1に着席中です。
ulisses_dfは840でシート2に着席中です。
timannixは2,660でシート3に着席中です。
Taddy_Oceanは580でシート4に着席中です。
BONZENTORREは1,095でシート5に着席中です。

シート3がディーラーです。

Taddy_Oceanは30のブラインドを置きました。
BONZENTORREは60のブラインドを置きました。

(Taddy_OceanはJh Adディール済みです。)

プリフロップ:
nancho01はフォールドします。
ulisses_dfはフォールドします。
timannixはフォールドします。
Taddy_Oceanは120レイズします。
BONZENTORREは120をコールします。

フロップは次の通りです。
Js 9h 2s

Taddy_Oceanは120ベットします
BONZENTORREは600レイズします。
Taddy_Oceanは280オールインします。
BONZENTORREに320が戻されました。

ショーダウン:

Taddy_Oceanは次のカードを見せます。: Jh Ad
Js Jh Ad 9h 2s
ジャックのワンペア

BONZENTORREは次のカードを見せます。: 5s 6h
Js 9h 6h 5s 2s
ジャックハイ

ターンは次の通りです。5d
リバーは次の通りです。6s

BONZENTORREは次のカードを見せます。: 5s 6h
6s 6h 5d 5s Js
ツーペア、シックスとファイブ

Taddy_Oceanは次のカードを見せます。: Jh Ad
Js Jh Ad 9h 6s
ジャックのワンペア

BONZENTORREはポット(1,160)を獲得しました。

フロップでノーヒットにリレイズ喰らって
ランナーランナーってどんだけ~

まだまだ道のりは厳しいです。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/08/26 12:33] | プレイ考察 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<9月になりました。 | ホーム | 盆明け>>
コメント
お疲れ様です。

確かに、このハンド、相手が酷いコールをして、ラッキードローで勝ったとも言えるのですが、あえてその部分を外して考えると、そういう事態をTaddyさんご自身のプレイが引き起こしたともいえるのではないでしょうか?無い知恵しぼって考えて見ましたので、ちょっとばかりお付き合いください。

まず、プリフロですが、SB対BBになった時点で、いくつかのポイントがみえてきます。

・Taddyさんはショートスタックであること
・相手にポジションがあること。

TaddyさんはSBでAJというハンドで、まずベストハンドと思っていいでしょうね。そこで、3倍レイズという標準プレイを選んでおられますが、相手がそこで降りたらいいけど、コールしてきた場合どうなるか考えた上でのレイズだったでしょうか?つまり、180ずつのベットでポットは360、Taddyさんの残りスタックは400、こうなると、フロップがなんであれ、降りるのが難しい状況がくるのではないでしょうか?もし、そのことを予想していたら、例えばプリフロでオールインしてしまう手もあったのではないでしょうか?私ならそうしますが、ただ、このプレイは、意義を唱える人も多いかと思います。

で、Taddyさんやレイズして相手コールしてフロップでTPTKヒットで、これでまず現状勝ってると思ったでしょうし、実際そうだったのですが、そこで、相手から引き出そうとしてスモールベットを行っていますが、これは二重の意味で危険だったのではないでしょうか?ひとつにはスト目フラ目両方ある危険なフロップなのに、TPTKでポジションなしでスロープレイ(チェックするばかりがスローではないですよね)するのは危険です。ましてや、すでにポットと残りスタックがほぼ同額で、このポットは、Taddyさんにとって絶対取らなくてはならないポットになっているのですから。

第二に、スモールベットが相手に「自分は弱い」というメッセージを送り、ブチ切れ気味のレイズを生み出したことです。自分の手がまずまくられないハンドを持っているなら別ですが、TPTKは相手が何か手を持っていれば25%ぐらいは大抵はまくり目があるわけで、この状況では危険だったと思います。

そんなわけで私が思うのは、

・プリフロでオールインしてもよかったと思うが、これについては、反対意見も多くあると思います。
・フロップで絶対にオールインすべきでした。

と、偉そうに語らせていただきましたが、どうか適当に聞き流してやってくださいませ。
[2008/08/27 01:19] URL | とんぼ #- [ 編集 ]
とんぼ氏
私めのために多くタイプさせてしまいすいません。
「ポットを取ることが目的、そのポットがたとえ小さくても」だと痛感させられました。

■プリフロップallinについて
allinが適切だったような気がします。
涼さんにも以前言われたことがあり、生き残るにはallinなのかもしれません。
相手をFOLDさせ無条件で勝てるのだから。
絶対獲らないといけないポットという考えも解る。

しかしallinして獲れると思われるチップは60。
相手からチップを賭けさせたかった(生き残れなくても)ので
次同シチュエーションでallnするか?と問われると
1+0.1ではallinしない。
5+0.5ではallinする。
と思う。
もう少し終盤なら間違いなくallinでした。

相手がallinにcallできるハンドを持っていればほぼドミネイト状態のAJ。
そのときは相手からリレイズを引き出せればOKと思ってのプレイでした。
(リレイズ喰らっても降りられない状況ではありますがそれはおいておいて)

■フロップ時のアクション
運良くTPTKでFOLDの選択は消えました。

スト目フラ目共に出ていて、まさに相手に賭けさせるよい条件だと自分的に思っていました。
一番嫌だったのはフロップでチェックアラウンド。
次に自分allinにFOLDされてもおもしろくない。
プレイとしては相手にブチギレブラフリレイズをさせたことで自分的には納得しています。

最低レートでの6-handSTTでみっちり鍛えたいと思います。
[2008/08/27 13:47] URL | taddy #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/218-3483aaba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード