I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
9月になりました。
さて、ついに一桁で耐えきれず0桁になりました。
マイクロSTTが数回、SPを使ったMTTに1度チャレンジできるだけ。

デポ予定は当面ないので、キャッシュゲームはT6pokerで消極的に増やす。
エベレストは一日一STTを目標に勝つことも大事ですが、リーディングで納得したプレイを心がけます。

ということで9/1はオマハ6-hand(0.10+0.01)
3ハンド目Td 9s Kh 9d とまぁ参加できるハンド。
フロップがQd Kd Jd
ハイ来ました。超絶ナッツフロップ
前で一人call
ターンでもダイヤ。
リバーはラグで前がポット打ちにかかります。
当然ポットリレイズ。callしてもらえないかと思うも受けてもらえた。
相手はドライAブラフのつもりだったのだろう。
しかし、リバーのリレイズにcallはないような気もする。

その後はハンドに恵まれず、ジリジリと減らし1000を切ったあたりでブラインドは75-150
残りプレーヤは3人。他二人は2500ほど持って、私が飛ぶのを今かと待っている。

BBできたQh Kd 2d Ad
前でポット。よくてジャンケンだと思いcall。
相手 Qs Kh Qd 4c
45:50のほぼ互角。
2が2枚落ちて辛くも逃げ切り。

一人飛ぶのを待っているとクワッズAを引いてなぜか相手がリバーでポット。
瀕死のプレーヤじゃなく1番手
他二人700と900にして、1位確定かと思うもここで不味いプレー

私SB 994T
リンプにレイズ。フロップは
538のダイヤ2枚。相手チェックなので、ポット打つとチェックレイズ喰らう。
ここで考えられるのは当然、AAやKK、QQのビックペア持ちでしかもドローありと
判断すべきだった。
到底callできるハンドでもなかったのにcallしてしまう。


ヘッズでこっちはストレート、リバーで相手がフラッシュ完成。
リバーのリレイズにcallしてしまい、状況は劣勢に…

そのまま2位フィニッシュ。

課題の多いSTTだった。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/09/02 17:13] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<FOLDこそ勝利への第一歩 | ホーム | 1桁で耐える>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/219-f43618cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード