I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
FOLDこそ勝利への第一歩
一日一STTomahaの2日目9/2
今回は18人6-handオマハ(0.2+0.02)

便宜上18人STTと呼ぶが、この手のトーナメントはチップバランスが非常に重要となる。
全チップが18,000点4人入賞なので、4で割れば4500点が入賞平均チップ。
入賞する頃のブラインドはおそらく150-300と思う。この頃までにチップ数を2000点にするよう意識してプレイすればよい。要はダブルアップするだけでそこそこ終盤まで戦えるということだ。

序盤10-20
UTGでTc 8c Kd Ac
1スーツの3ビックカードとまぁ戦えるハンド。レイズしてみると
ポットリレイズ…フロップ見てとcall

フロップ 7s Qc 2h
チェックチェックで
ターン4c
相手ポットにチェックcall

引ければダブルアップ、そうじゃなくても500残る。

残念ながら引けず相手allin。私当然ダウン。
550点に減らすもKs 7d Ad 4dでプリフロレイズにリレイズ打つプレーヤがいるんだから十分挽回可能だ。

次ハンド Tc 7s Ac Qsと先ほどと似た1スーツ3ビックカード。
今度はヒットするだろうとプリフロポット打つ。

フロップ8c 3h Kd
ターンTc リバー7h
と全チェックチェックでポットが獲れた。
その次のハンドが事故だった。フロップセットも上セットがいて負ける。
相手がショートだったので、まだ生きてはいるが395点

こうなるとグッドハンドでプリフロ勝負に持ってゆく作戦へ変更。
と次のハンドが3d 3c Ks Kdのダブルペア+1スーツが配られる。
1/4はセットになる、全ぶっ込みもやむなしハンド。
3キャッチし、何とか逃げ切り。1000点近くへ回復。

そして、今回の運命を決めたハンド
ブラインド: 20/40

座席の配置:

gybeは1に1910を持って着席しています。
Taddy_Oceanは2に985を持って着席しています。
666Fredo666は3に1415を持って着席しています。
kaxhanは4に2210を持って着席しています。
ctaは5に2250を持って着席しています。
buruitは6に1645を持って着席しています。

ブラインドを置く:

ボタンは3にあります。
ctaは20のスモールブラインドを置きます。
buruitは40のビッグブラインドを置きます。

ポケットカードをディールする:

gybe: -- --
Taddy_Ocean: Kh 6d 10d Qh
666Fredo666: -- --
kaxhan: -- --
cta: -- --
buruit: -- --

プレフロップ:
gybeはフォールドします
Taddy_Oceanは80レイズします まずいプレイ1
666Fredo666は120レイズします
kaxhanはフォールドします
ctaはフォールドします
buruitは420レイズします
Taddy_Oceanは380をコールします まずいプレイ2
666Fredo666は1295レイズします
buruitは1185レイズします
Taddy_Oceanは525をコールします


フロップ (8s 2d Qd 5h 7d):

ショーダウン:
666Fredo666はAd As 6s 3hを見せます
666Fredo666は7d 8s Qd Ad Asを持っています: ペア
buruitはAh Ac 10h 3dを見せます
buruitは7d 8s Qd Ah Acを持っています: ペア
Taddy_OceanはKh 6d 10d Qhを見せます
Taddy_Oceanは2d 6d 7d 10d Qdを持っています: フラッシュ


ポット概略:
230がburuitへ戻されました(コールしなかったため)
ポット合計: 3835
Taddy_Oceanは2975獲得しました
666Fredo666は430獲得しました
buruitは430獲得しました
このラウンドではレーキはいただいてません

勝率は36:18:7 私負けで相手引き分けが37
AAと3が持ち合ってくれたことで引ければ勝てるが
勝率は4割弱。420にcallしたばかりに降りられない状況となった。
本来ならフロップ見に行くのはあきらめるべきプレイだと思う。
意味不明なミニマムレイズ。ここはポットレイズorリンプだと思った。不味いプレイ1
後ろがcallするだろうとの思いこみでcallしたことが不味いプレイ2

チップリーダーになってからは特別難しいこともなく
フロップで勝っている状況で受けてそのまま勝利というもの。
勝手にチップが集まって来る感じ。
途中ポジションレイズでBBをFOLDさせチップをかき集める作戦がうまくいく。

条件は概ね以下だ
カットオフかレイトでBBがアベレージ。
自分はビックスタック。
オープンで回ってくればゴミハンドでもポットレイズ。
ビックペアかビックコネクタじゃないかぎりはcallされない。
callされても少なくとも3割程度の勝率はある。

無事1位になり、1桁は回復しました。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/09/03 13:01] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ダメプレーヤのベット例 | ホーム | 9月になりました。>>
コメント
おめおめw
気分良く寝れて、良かったでふw
継続は、力なり・・・1日1戦、着実に!
[2008/09/03 17:41] URL | 豆猫 #- [ 編集 ]
>豆猫さん
遊びにきてくれでありがとう。
もう2勝したので、9月中は打てそうです
[2008/09/04 10:52] URL | taddy #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/220-275db2e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード