I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
ダメプレーヤのベット例
一日一STTomahaの3日目9/3
今回も18人6-handオマハ(0.2+0.02)

本日は初手を貼り付けてみる。

ブラインド: 5/10

座席の配置:

gyuriは1に1000を持って着席しています。
Rawe5358は2に1000を持って着席しています。
Taddy_Oceanは3に1000を持って着席しています。
ma@veは4に1000を持って着席しています。
PDANPは5に1000を持って着席しています。
edlouは6に1000を持って着席しています。

ブラインドを置く:

ボタンは1にあります。
Rawe5358は5のスモールブラインドを置きます。
Taddy_Oceanは10のビッグブラインドを置きます。

ポケットカードをディールする:

gyuri: -- --
Rawe5358: -- --
Taddy_Ocean: 7c 5c 9s 5h 5がヒットorスト目に期待
ma@ve: -- --
PDANP: -- --
edlou: -- --

プレフロップ:
ma@veは10をコールします
PDANPは10をコールします
edlouは10をコールします
gyuriはフォールドします
Rawe5358は5をコールします
Taddy_Oceanはチェックします


フロップ (5d 6s 8h): 5ヒットした上に現ナッツストレート
Rawe5358はチェックします
Taddy_Oceanは50レイズします
ma@veはフォールドします
PDANPはフォールドします
edlouは50をコールします
Rawe5358は50をコールします

全員FOLD上等のポットベットだいたい一人はcallしてくれる。

ターン (5d 6s 8h 6h):
Rawe5358はチェックします
Taddy_Oceanは200レイズします
edlouはフォールドします
Rawe5358は200をコールします

相手チェックしたので、当然主張します。

リバー (5d 6s 8h 6h 2h):
Rawe5358は600レイズします 絶対やってはいけないベット
Taddy_Oceanは740レイズします
Rawe5358は140をコールします

この場合、callされる=負け確定なベットなわけで打ってもハーフだろう。
本来はチェックが正解だと思う。

ショーダウン:
Rawe5358は8s 9h 10h 3sを見せます
Rawe5358は2h 6h 8h 9h 10hを持っています: フラッシュ
Taddy_Oceanは7c 5c 9s 5hを見せます
Taddy_Oceanは5c 5h 5d 6s 6hを持っています: フルハウス
Rawe5358は退場しました


ポット概略:
ポット合計: 2080
Taddy_Oceanは2080獲得しました

こういうすてきなプレーヤが多いのでマイクロレートは好きだ。

オマハではドローで打つなが基本

そうそうにダブルアップを果たし、あとは静観モード
2000点前後を維持し、今回もいけるかと思いきや突き落とされる。
ブラインドは50-100でUTG
ハンドはAc Qs Jh 2s リンプで3プレーヤ
フロップ:Qh 4c Qcとナイスフロップ
前100ベットにcall
ターン9s
相手ポットにフルハウス主張っぽくallinしてみるとあっさりコール…

やられたか…

相手2d Qd Ad 7hで分け…
リバー7cで相手フルハウス。

1000点弱になり、その次でも負けて605点
ブラインドもブラインドいつでも死ねると思い、
私SBでFOLDで回ってくる。ハンドはTh Qd 7d 9h
ダブルスーツの1ギャップ3コネクタだったので、レイズ!相手call

フロップ6d Jd 7c
フラドロ+ガットショットの引けなきゃ負け状態でフラッシュを作る。

相手JJでボードペアってたら死んでました。

JJK4でショートを食べて1695点に回復。戦える

ここからハンドとボードがマッチし、ポットは小さいものの
スト完成
フラッシュ完成
フラ+ストドローで降ろし
2820点まで回復

そのごのらりくらりと気がつけばブラインドは150-300
フロップ2ペアでQQが最後までついてきて、ビックポットを取る。
5000点あるが、まだまだ油断できない。

そうこうしていると一人がショートになり、チップリと共に潰しにかかる。
残り3人でチップリが3番手のスト完成、ドライAブラフにTフラッシュ完成でcall
あっさりヘッズアップに。

1位2位の獲得差は0.4程度なので、2TT6で仕掛ける。相手はA93J
Aが落ちて終了。2位。

実は腹痛がひどくて、その後トイレへ駆け込んだのは内緒だ。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2008/09/04 11:47] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<MTT 5/90 ドローを引きまくる日 | ホーム | FOLDこそ勝利への第一歩>>
コメント
ふむふむw 順調でふねw
機会があれば、オマハの虎と呼ばれている、トランプさんとの対決が観たいなー。
[2008/09/04 23:29] URL | 豆猫 #- [ 編集 ]
順調すぎますwはい。
BRに余裕ができたら、ヘッズの挑戦状持って行ってみます。
[2008/09/05 10:58] URL | taddy #- [ 編集 ]
うぉっ、一月以上前のコメントなのに今頃発見w
挑戦を受ける=チャンプなどという素晴らしいプレイヤーではないんですよ、ホント。記事にも出てくる、マイクロレートの素敵なプレイヤーに出会うためのジャーニーをしているだけですw

機会があったらヨゴレのオマハプレイヤーで卓は囲んでみたいですねー。BTLさん、リエゾさん、クルワサンなんかに声を掛けて。因みに私はオマハのヘッズでマメ猫さんに負けていますw
[2008/10/07 23:53] URL | tramp #- [ 編集 ]
>trampさん
コメントありがとう。来月からomahaSTTも隔週で立ててみますかね。火曜日とかSNSで提案してみます。
[2008/10/09 10:06] URL | taddy #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/221-cb20cbdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード