I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
エベレストポーカーSTT戦術(K-2)
エベレストポーカーの目玉プロモーションshasta(バイイン0のSTTトーナメント。)


すでに溶かしたBRを回復することを目標にshastaをコツコツこなし、BRがふくらんできたらFUJIへステップアップ。今はK2が主戦場になりつつある。まずは1.00に載せる。


STT(K-2)での私なりの戦術
・序盤、ポットを取りやすい場でしか勝負しない。
・チップを守るときと勝負するときを明確に。
・500を割らない。
・ポジションを重視する

スタックアドバンテージを早く得るのがSTTでの勝つコツで
偶然大量にチップが手に入れられた場合、レイトでしっかり打てばほとんど入賞したようなものだ。
K2にはそれほどクレバーなプレイヤーはいないのでフロップでしっかり打つって相手のハンドを見定めればよい。
仮にコールされればそれなりのハンドを持っているわけでターンで望み薄ならフォールド。
怖いのはドローを持ってオールインしてくるプレイヤー。
負けてもいいやと思ってドローフラッシュで突っ込んでくる。
自分もドロー待っているならよいのだが、そうでない場合
1ペア程度なら次回に期待してフォールド。2ペアやセットなら
アウトがいくらかあるので自分のスタックと相談して決定する。
コールして半分以上失わないなら、CALLしてしまうと思う。

それからショートスタックは手を絞り込んでるので、リンプ=all-inぐらいだと思っておいた方がいい。チップリーダーなら受ければよいが、3番手4番手であるなら、深追いしないほうがよい。

バイイン.25以上になると、がぜんレベルが違う。2時間以上かかることもざら。コーラーが極端に少ないのと、レイズで入ってくるのがほとんど。スロープレイもよく見られるので、フロップでのなんてことないボードでの強気ベットには要注意。

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2007/08/06 22:45] | STT | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<STT成績 | ホーム | うぅ苦悩>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/26-d53e5e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード