I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
一位と二位の間にある壁の乗り越え方
STTは5連敗のあと3連勝で少し戻した。
負:バブル3位 AQoでALLINしたらJJ様がいた

負:初手6位 SBでJJ、レイズするとBBがミニマムリリレイズ
ALLIN催促にcallされる。出てきたハンドはKQs
ボードにK

負:バブル4位 ショート気味になりチップリがレイズしてきたので、ALLINしてダブルアップ狙うJKo
チップリ67s
7キャッチして飛ばされる。チップリらしいプレイ

負:バブル4位 一人ショートで65sであわよくばスチールを楽々callされる相手8Kdで順当負け

負:4位 ダメプレーチップはみんな同じくらいでSBでA8d
スチールALLIN敢行するもAQで楽々callされ終了
ブラインドが150まで上昇していたため、アグレッシブにいったのが裏目に出た。


あとはチョコチョコとキャッシュゲームで
連敗のダメージを和らげるべくパッシブプレイ

10→9.35
10→9.44
10→13.25

omahaキャッシュも手を出し…
7.24→16.68
20→10.26
10→14.43
15.59→15.54
10→14.07
10→15.74

とまぁちょいプラスで引くことができた。
ちょっとベースキャンプまでは遠いか
20SP/dayなので、
200×18=3600ハンドはこなさないといけない
或いは2.5STTを10本/day

66

教訓:KQsでALLINをcallできるプレーヤにはなりたくない。

リングで得られた成果

ホールデム
AxsやKxsでフロップを見に行かなくなった
ビッグレイズにcallしないようになった

オマハ
omahaでは小さな複数ポットよりも1ハンドのビックポット
リバーでのリレイズにはcallしない

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2009/02/10 15:24] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<オマハでダメななビックドローの例 | ホーム | AJPCオンラインサテライトが始まりました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/278-958333b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード