FC2ブログ
2009/03/10

アンダーセットは喰われる

ポットリミットomahaにおいてのセットというのは非常に儚い。
セットができたら、ドローするプレーヤーにリスクを負わせないといけない。
それがアンダーセットの宿命だ

10以下のペアは他のカードがコネクトしてない場合プレイに値しない
私がプレイするのはAのスート有り9TTJのようなコネクト
プレイできてもレイトポジション

Aは$1.40でシート0に着席中です。
Bは$29.24でシート1に着席中です。
Cは$1でシート3に着席中です。
Dは$34.25でシート4に着席中です。
Taddy_Oceanは$14.30でシート5に着席中です。ボタン
Eは$1.33でシート7に着席中です。
Fは$1.87でシート9に着席中です。

シート5がディーラーです。

Eは$.05のブラインドを置きました。
Fは$.10のブラインドを置きました。

(Taddy_OceanはKh Kc Qh 5sディール済みです。)
ビックペアだが深追いは禁物。ポジションがある分降りやすい


プリフロップ:
Aはフォールドします。
Bは$.10をコールします。
Cは$.10をコールします。
Dは$.45レイズします。
Taddy_Oceanは$.55をコールします。
Eは$.50をコールします。
Fは$.45をコールします。
Bは$.45をコールします。
Cは$.45をコールします。


Dはオリジナルレイザーなので、call。
マイクロレートなので、参加するプレーヤーは多い


フロップは次の通りです。
6h 2s Qd

Eはチェックします。
Fはチェックします。
Bはチェックします。
Cはチェックします。
Dはチェックします。
Taddy_Oceanは$3.30ベットします
Eは$.78オールインします。
Fは$1.32オールインします。
Bは$3.30をコールします。
Cはフォールドします。
Dはフォールドします。

ポットを打って確認してみた。
レイズ入ればあきらめといったスタンス
E、Fはショートなので、どうでもよく、問題はBのcall(レイズではなくcallという点)だ。
怖いのはQQ様とツーペア
QQならレイズを入れたいところだろう。あえてレイズせずということか…などと考える。

ターンは次の通りです。Kd

Bは$12ベットします
Taddy_Oceanは$10.45オールインします。
Bに$1.55が戻されました。

BはALLIN要求してきました。ここでALLIN要求できるハンドはQQor66or22
「ドローなら降りた方がいいよ」ベットと読み、サイドポットでウハウハcall
案の定Bはドローイングデット
私がアンダーセットのBの立場なら、ターンでフロップと同額程度のベットで出方を見る。
またはフロップでレイズALLIN要求(セットの主張)

ショーダウン:

Eは次のカードを見せます。: Jh 7d 6c Ad
6h 6c Ad Kd Qd
シックスのワンペア

Fは次のカードを見せます。: 2h 5h 7s 4s
2s 2h Kd Qd 7s
ツーのワンペア

Bは次のカードを見せます。: Ah 3h 6d 6s
6h 6d 6s Kd Qd
スリーカードシックス

Taddy_Oceanは次のカードを見せます。: Kh Kc Qh 5s
Kd Kh Kc Qd 6h
スリーカードキング

リバーは次の通りです。3s

Bは次のカードを見せます。: Ah 3h 6d 6s
6h 6d 6s Kd Qd
スリーカードシックス

Taddy_Oceanは次のカードを見せます。: Kh Kc Qh 5s
Kd Kh Kc Qd 6h
スリーカードキング

Eは次のカードを見せます。: Jh 7d 6c Ad
6h 6c Ad Kd Qd
シックスのワンペア

Fは次のカードを見せます。: 2h 5h 7s 4s
6h 5h 4s 3s 2s
ストレート、シックスハイ

Fはポット1 ($6.09)を獲得しました。
Fはポット2 ($1.54)を獲得しました。
Taddy_Oceanはポット3 ($23.63)を獲得しました。

コメント

非公開コメント