I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
きついリバーカード
1000保証フリーロールトーナメントでの話。
ラウンドはだいぶ進んで300/600ante75




チップ24000 ミドル2BBレイズ
チップ3000 ボタン3BBall-in(ショートスタック)
チップ18000 私SBのハンドはQQ様なので、降りてもらうべく
15BBリレイズ。

でミドルコールの3人。
フロップQs 7h 5h(セット完了)
フラッシュ目があるしチェックした
相手もチェック
ターンは8c
ここで5000レイズに
10000リレイズされたので、all-inした。

ハンドオープンで勝率は以下の通り。
89 9.52%
AA 7.46%
QQ 85.71%

さて、リバーで何が出たでしょう…
答え:6c

1割を引かれてしまいました。274位で終了。
ちなみにチップを持っていった彼は順調に残っているようです。(最終的に22位)

敗因としては、フロップ時でしっかりall-inを主張すべきだったということ
そうすれば、普通のプレイヤーは降りてくれただろう。
きっと彼も降りたと思う。
フロップノーヒットでガットショットをCALLするにはリスク背負いすぎ。

私がチェックしたことで、Qヒットなしと思われ、ターンで相手8がヒット。
私の手をビックスリックかなにかでペアではないと判断したのだと思う。

逆の立場なら、私もそう考えてCALLしていただろう。そして、私の場合6を引けないw

トーナメントにおいては、よほどナッツではないかぎり、相手を泳がせるのはリスキーということ。
欲を出さずに相手を降ろさせることで今回の出来事は回避できたんだろうな。

ここで一句

何出ても
 
    文句いえない
  
           ターンリバー

テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2007/09/13 13:13] | プレイ考察 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<本日アバランチ | ホーム | ボーナス消化>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/43-e0b1f569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード