I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
6カードオマハ戦略
フルティルトで今一番熱いのが6カードオマハポーカーです。
0.01/0.02からテーブルが稼働しています。

◼︎ルール概要
基本はオマハと同じ手持ちから2枚を使うこと、手持ちが6枚配られるのが特徴。
よって、6人までしかゲームができない。9人だとカードが足りない。

◼︎スターティングハンド
オマハに準じた考え方でいい。スートでいうと2つあるのがいい、どちらもナッツフラッシュになるような。
ペアはハイペア(+TT)を考え、それ以下はクワッズに発展しない限りないものと思った方がいい。なぜならより強いフルハウスにチップを全てあげることになるから。
ランダウンは56789T以上、最低でも4つ続きは必要。

◼︎ポジション
インポジションが必須。アクションがとても楽。

◼︎キモはTurn
ターンでのアクションが最も重要。というのもターンで勝っていれば、どんなにアウツを相手に持たれていても40%。
ターンで状況を考えて勝っているなら大きくベット(レイズ)すべきです。インポジションならチェックはまずないです。

◼︎やってはいけないこと
・ナッツドローがない。
オマハはナッツゲームです。セカンドナッツフラッシュドローや弱いストレートドローはリバーのアクションに対してあまりにも無力です。フルハウスも例外なく、ナッツじゃないフルハウスは上にフルハウスがいると思っていいです。

・クワッズvsクワッズに降りる
結構起こるのですが、基本避けられないでしょう。フルハウス持ちもいるだろうし、リバーでペアができた時は慎重になる必要があります。


テーマ:ポーカー - ジャンル:ギャンブル

[2014/03/05 21:30] | プレイ考察(オマハ) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ハンドレビュー6Cオマハ【アウツを数える】 | ホーム | オマハトーナメント攻略>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/453-17aafe04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード