I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
ひゃっほう杯1/2
エベレストポーカーで定期的に行われているプライベートトーナメント。
ひゃっほう掲示板アフィリ経由の方限定のフリーロール。
私は経由じゃないんだが、掲示板での企画物で数回の参加権をいただいた。
なので、すでに開設した人でも掲示板は要チェックです。
初心者には目から鱗のポーカー戦術の解説、ポーカー動画と情報満載です。

ファーストハンドがAK。いつも序盤でのレイズ額が悩ましい。
ポットではそこそこのハンドがついてくるので、とりあえず持ちチップの1割打つ。
フロップターンがチェックアラウンドでリバーでK。
ポット打ってcallしてくれ、ポットゲッツ。KQとかKJだったのでしょうかね。

さい先の良いスタート。

程なくして、Ks Qs
ポット35打って一人call。注意が必要です。

フロップ5 2 7 スペード2枚 フラッシュドロー
ミニマムにとりあえずcall

ターン10
相手チェックなので、95打って見たらcallされる。

リバーでK
なぜか相手チェック。
トップペアグッドキッカーなので、ポット打つ。
またまた、ポットをゲット。しかもさっきと同じ相手。

ほどなくして A9o
ポジションはUTG。とりあえずリンプ
するとさっきと同じ方がオールイン300。

ここで私のアクションは…
callです。
まず、ハイカードペアではないと読みました。
次に失うのは300。全く影響ないです。
ほぼTILTのよかん。
さくっと受けます。

結果相手66
ボードにA落ちて相手退場。

私なりに考える相手が取るべきプレーはリンプイン。
安くフロップを見て、セット狙いです。
参加者が多ければ、ダブルトリプルアップの可能性も出てきます。
ブラインドスチールしてもたかだか30とかです。(終盤なら話は別)
ダブルアップは魅力ですが、誰もcallしません。
序盤でチップを失いたくないですから。callするのはハイカードペアぐらいでしょう。

私にしてみれば、負けてもまだ十分戦えること。少なくとも1オーバーカードはあるだろう。結果は2オーバーカードでした。ほぼ互角の戦いで序盤に300さらに追加できるならお得と判断したわけです。
[2007/10/01 23:00] | MTT | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ひゃっほう杯2/2 | ホーム | ポーカー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/51-4028d444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード