I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
MTT 3/48 初エントリ2/2
しばらくしてJJ様降臨。扱いの難しいハンド。
AAっぽく入るため、6BB(1200)レイズ
一人call。
フロップは 10 4 10
この時点で負けているのはAA KK QQ 10ペア A-10 4ペアだが
6BBにAJ AQ AKならあるだろうがA-10でcallはまぁありえない。
AAKKはプリフロリレイズ濃厚なので却下
でQペア 10ペア 4ペアに絞る。

試しに1000レイズするとリレイズallin… マジか…

負ければ退場。まぁcall。
相手ハンド55 ホッ

ダブルアップで万枚乗せ。

さらにJQでボードでJ2枚キャッチして大きくチップを増やす。
ショートのスチールをどうでもいいハンドでパクッといただき、

もう、超浮かれモード。

そんな時に神様は鉄槌を落とすのでした。
アンティ: 75
ブラインド: 300/600
ステークス: 600/600

座席の配置:

bestpotは1に7405を持って着席しています。
MrCyrilleは2に27607を持って着席しています。ボタン
kolan13は3に32645を持って着席しています。 SB
sebulba21は5に12050を持って着席しています。BB
trissettoは6に12305を持って着席しています。
rapid13333は8に7185を持って着席しています。
Taddy_Oceanは9に28853を持って着席しています。
aces7は10に18950を持って着席しています。


ポケットカードをディールする:
Taddy_Ocean: Ac 9d

プレフロップ:
trissettoは600をコールします
rapid13333はフォールドします
Taddy_Oceanは600をコールします リンプ
aces7はフォールドします
bestpotはフォールドします
MrCyrilleは600をコールします
kolan13は300をコールします
sebulba21はチェックします


フロップ (Ad 2d 5c): Aヒットでレイズないので、勝ち濃厚か?
kolan13はチェックします
sebulba21はチェックします
trissettoは3600レイズします
Taddy_Oceanは3600をコールします  とりあえず受けます
MrCyrilleはフォールドします
kolan13はフォールドします
sebulba21はフォールドします


ターン (Ad 2d 5c 7s):
trissettoは8030レイズします allin
Taddy_Oceanは24578レイズします


リバー (Ad 2d 5c 7s 2h):

ショーダウン:
Taddy_OceanはAc 9dを見せます
Taddy_Oceanは2d 2h 9d Ac Adを持っています: ツーペア
trissettoはAs Kcを見せます
trissettoは2d 2h Kc As Adを持っています: ツーペア

このハンドでチップを半分に減らす。でも戦える量なので
気を引き締めていく。

AKリンプの技、トナメ終盤に使うのは諸刃の剣なので、私ならしっかりグッドハンドを主張して
スチールできればOKと考える。やはりフロップをあけるのはリスクを伴うから。



終盤8人からチップリーダーが一つ抜け出た感じで
私ともう一人がそこそこのチップ量。
エントリは4人。
ここに来てハンドが入る入る。AK AJ KQ JQ A10と
大きくレイズでことごとくアンティとブラインドを集める。

均衡が続くもブラインドが上がり下のプレーヤがだんだんとショートになる。
最後はチップリーダーが仕事をやってくれました。

2人のショートが最後は同時に飛び込みチップリーダーが受ける形になる。

チップリ Qh 9s
ショート1 Ac Js
ショート2 10c 10d

コミュニティカードは (10s 4h 7s Jc Kh)

ターン、リバーでストレートをキャッチしたチップリーダーが2人同時とばしで
すんなり通過できた。ショート2の人は生き延びた~って思っただろうな。
リバーあいてもなぜチップがこっちにこないんだなんて思っていたかも。

チップの上下が激しかったが、序盤AJでallinをcallしたこととAKが隠れていた点以外は
しっかりとプレーできたと思う。何度かブラフも入れポットを獲れたことも大きい。

初のビッグトーナメント(私にとっては)チャレンジということで戦略は以下で行く。
・ポジションを最重要視。
・最初にやってきた89以上のスーコネは参加
・AxsKxsは基本参加しない
・集中。ファーストブレークは向かえる

ブログでよい報告をしたい。
[2007/11/11 23:00] | MTT | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<MTT 2/339 チップアンドチェア 1/3 順風満帆 | ホーム | MTT 3/48 初エントリ1/2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/76-fcd908d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード