I like AmericanAirlines - ポーカーに魅せられて
テキサスホールデムポーカー(texas holdem)の虜になった。プレイ日記が中心。
MTT 9/145 BBポジションなめたらアカン
最近ちょっとTILTぎみのTaddyです。
参加するリング・SNG・MTTことごとく飛んでます。

もうこうなればハイステークスMTTだぁ~ということで
10+1NLトーナメントに登録。

自身2桁バイインのMTTは初めて。
サテなどで10+1はあるが、人数少なめのものしか経験なし。

2:45の死闘の末…ファイナルテーブルゲッツ!
とまぁ良さそうな結果ですが、内容が悪かった。

序盤ポケット10でポットゲット。
テーブルが非常にタイトなことに気がつく。
いつもはルースにいく自分であったが、初の大きめバイインということで
超タイト(自分基準)にいってみることに。

AJもリンプでボードA22。ポットゲット
AQレイズでボードTPTK
あまり強く打たず様子見てたら、やはりいた、セット…少し減らす

その後はAKでポット
KTでポット
QQでスチなどなどあり
アベレージちょい下をキープ。順位的にはちょうど真ん中。
流れ的には悪くない。

残り1/4ぐらいでそろそろショートが飛び込んでくるところになり
ショートallinにAQでcall。ゲット
ATでショートAKをT落としてゲット

ポケット10でAKとAKの二人を同時に飛ばしチップを一気に増やす。

序盤での8セットでチップを失った以外は順調に進む。

んで、ファイナルテーブルへ

ラストハンドが問題有り

ファイナルテーブル
アンティ: 150
ブラインド: 800/1600
ステークス: 1600/1600

座席の配置:

bilbastardは1に8470
-CARAVAGGIO-は2に18645
will198は3に3825
grego666は4に31119
Taddy_Oceanは5に16570 カットオフ
machticoinosは6に9800 ボタン
Nickcageは7に12705  SB
yacine0903は8に26363 BB
panto-2aは9に7310
joker_tnは10に10193

ブラインドを置く:

ボタンは6にあります。
Nickcageは800のスモールブラインドを置きます。
yacine0903は1600のビッグブラインドを置きます。

ポケットカードをディールする:

bilbastard: -- --
-CARAVAGGIO-: -- --
will198: -- --
grego666: -- --
Taddy_Ocean: Ah Kd  AK戦えるハンドきました。
machticoinos: -- --
Nickcage: -- --
yacine0903: -- --
panto-2a: -- --
joker_tn: -- --

プレフロップ:
panto-2aはフォールドします
joker_tnはフォールドします
bilbastardはフォールドします
-CARAVAGGIO-はフォールドします
will198は3675レイズします ショートが突っ込んできました。
grego666はフォールドします
Taddy_Oceanは3675をコールします
(当然のcall。これがいけなかった。ここはallin)

machticoinosはフォールドします
Nickcageはフォールドします
yacine0903は2075をコールします BBがついてきてしまう…


フロップ (5s 5d 4h):
yacine0903はチェックします
Taddy_Oceanは12745レイズします なぜ打ったかって?
降ろしたかったからさ…

yacine0903は12745をコールします 勝ってるからcallでしょうね…


ターン (5s 5d 4h Ad Jc):

ショーダウン:
Taddy_OceanはAh Kdを見せます
Taddy_Oceanは5s 5d Kd Ah Adを持っています: ツーペア

yacine0903は5h 9sを見せます
yacine0903は5h 5s 5d Jc Adを持っています: スリーカード

will198は6s Asを見せます
will198は5s 5d Jc As Adを持っています: ツーペア
will198は退場しました
Taddy_Oceanは退場しました

まずプリフロップ
ショートallinにallinすることでヘッズに持ち込まなかったこと。
これについては色々意見があると思うが、やはり一人ずつ片付けてゆくべきで
ヘッズ主張すべきだった。私的にはSBかBBをcallさせるつもりだった。
ただ3675は2BBちょっとでAKなら、10000程度打ち、グッドハンド主張すべき。

次にフロップ
全く打つ必要なし…以前某氏に指摘されたこと身についてないし…
打ってcallされればそれなりだし、持ってなければFOLD一択。
一番やってはいけないベットアクションをしてしまった。
案の定callされ勝ちハンドを持っていたわけで…

ここでFOLDすればまだまだ戦えただけに悔やまれる。

反省の多いMTTでした。
[2007/12/05 23:00] | MTT | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<MTT 5/103 連続入賞 | ホーム | MTT 37/490 12月に入り最初の入賞>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shasta000.blog109.fc2.com/tb.php/92-41520aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

Taddy

Author:Taddy
テキサスホールデムポーカーに関するブログです。最近はオマハにも挑戦中です。
喰っていくつもりはないが
負けないプレイヤーになりたい。
Twitterもやってます。




MTTも機会があれば、出るようにしています。
主なトーナメント成績
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
たまにEverest Casino
でスロットぶんまわすこともあります。

備えあれば憂いなし

ポーカールーム選び


オマハ教訓


リバーベットにcallなし
意味
オマハにおいてリバーでのcallはまず負けているのでアクションをするならFOLDかRAISEにしよう。

ポーカールームなど

Everest Poker
Everest Pokerは日本語対応が終了してしまいましたが、支払いも早くipoker系ネットワークに参加しているので、ユーザー数はそこそこいます。

ポーカーストラテジ
ポーカーストラテジではポーカー戦略記事が読めます。基本的な戦略はここで身につけてください。上級向け記事は色々賛否が分かれる考え方もあるので参考程度に読むといいです。ビデオ記事が多いので、外国人がどのように打っているのかなど参考になります。

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

最近の記事

Bloggers list

月別アーカイブ

RSSフィード